失敗しないコールセンターシステム導入|業績向上をサポート

顧客との繋がりを強化

オフィス

CRMは顧客の情報を管理するシステムのことで、顧客対応履歴などを蓄積することが出来ます。過去に対応したなかで把握できた顧客の好みや特徴などを蓄積しておいて、顧客一人ひとりに最適なサービスを提供することが出来るようになります。CRMを導入して顧客へのサービスを向上させることによって、既存の顧客との関係を維持するだけでなく、より強化する効果が期待できます。競合他社が増加して新規顧客を獲得するのが難しくなり、コストがかかるようになってきた昨今、現在つながりのある顧客との関係性をより良くすることが出来るCRMの重要性が高まっています。
健康食品を販売するコールセンターなどは、CRMを導入することによってよりサービスの品質を高められるということがあります。商品の販売をする為に電話をかけるアウトバンドコール業務を行っているコールセンターなどでは、顧客の体の悩みや好みがCRMに蓄積されているとより効率よく営業活動を行うことが出来ます。また、顧客サイドからしても、興味のない商品の営業電話がかかってくる回数が減り、より自分の好みに近い商品の営業電話がかかってくるということでメリットがあります。顧客の注文を受け付けるインバウンドコールの業務を行っているコールセンターなどでは、商品が顧客の体に合うかどうかを知ることが出来ます。例えば、顧客がワーファリンという薬を摂取していた場合は、青汁などのビタミンKが入っている商品は禁忌となります。このように、コールセンターにCRMのシステムを導入することによって、よりきめ細やかで高品質なサービスを提供できるようになります。