失敗しないコールセンターシステム導入|業績向上をサポート

電話の対応を代行

オフィス

会社を運営するために必要不可欠なのが電話対応です。電話対応をする労力や、事務員を雇うコストを削減したいのであれば、電話代行サービスを活用するとよいでしょう。不在時などの電話対応をしてくれるのもメリットです。

システム選定のポイント

メンズ

数多くの企業の中には、顧客からの質問や意見、要望、クレームに対応するコールセンター部門のある企業が存在するかと思います。コールセンター部門を運用していくためには、その部門に最適なシステムを導入する必要があるでしょう。そのシステムのことを、コールセンターシステムと呼びます。コールセンターシステムを導入する際には、三つのポイントに注目して導入する製品を選ぶ必要があります。ここでは、その三つのポイントについて知っていきましょう。
コールセンターシステムを導入する上で注目すべきポイントいうのは、規模・業務形態・通話品質の三つです。ここで言う規模というのは、コールセンターの規模のことを指します。企業によってその大きく規模は変わるため、その規模に合わせたシステムの導入が必要になるのです。例えば、小規模なコールセンターで一日に数件の電話しか掛かってこないのであれば、システムの導入すら必要無いでしょう。しかし、100人規模のコールセンターであれば、一日に数多くの電話が掛かってきます。そういった環境において快適な運営を行なうことのできるシステムを選ぶというのは、重要なポイントなのです。導入時には必要最低限の機能でスタートし、徐々に必要な機能を増やしていくことをお勧めします。次に、業務形態についてです。コールセンターの業務形態にはアウトバウンドとインバウンドの二つが存在し、主体となる業務に優位性の高いシステムを選定することが大切なポイントです。最後に通話品質に関しては、電話対応を行なう上で必要不可欠なポイントでしょう。通話品質が悪ければ、電話を掛けてきた顧客にも悪い印象を与えてしまいます。

サービスを向上

男性と女性

商品の品質だけではなく、商品を提供するまでのプロセスであるサービスの品質を向上させることが大切です。覆面調査を依頼することによって、現状のサービスのレベルを知ることが出来ます。

顧客との繋がりを強化

オフィス

競争が激しい業界などでは、新規顧客を獲得するのが難しく、既存の顧客との関係を維持することが重要視されています。コールセンターなどにCRMを導入すればサービスの質が上がり既存の顧客との繋がりを強化できます。